ユノコヤ

寒さに弱いです。

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Zくん

午後の

クリックエコ

楽天

LINKS

SEARCH

OTHERS

みんなのブログポータル JUGEM

<< 今週は、読書週間。その1「隠蔽捜査」 | main | 読書週間その3「さまよう刃」 >>

スポンサーサイト

2013.10.12 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

読書週間その2「火車」

2008.08.27 Wednesday

ダ・ヴィンチという雑誌に「宮部みゆきの最高傑作」とあったので、読みました。
今まで読んだのは「模倣犯」「長い長い殺人」そして、なんか時代物をいくつか。

思ったのは、「そこにいない人」を書くことで、むしろ登場させるよりも強い印象を与えることができる人だなということです。
火車でも、実際には登場しない、ひとりの女性が、大きな存在感をもって最後まで話をひっぱっていきます。

あまりにおもしろいので、1日で読んでしまいました。

もったいなかったかも。
宮部 みゆき
新潮社
¥ 900
(1998-01)
Amazonおすすめ度:

| | ほん | comments(1) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

2013.10.12 Saturday

| スポンサードリンク | - | - | - |

COMMENTS

藍色 (2009/03/27 4:13 AM)

こんばんは。
トラックバックさせていただきました。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。










TRACKBACK

url: http://yunokoya.jugem.jp/trackback/279
火車 宮部みゆき

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。 いったい彼女は何者なのか?謎を解く鍵は、自己破産者の...

| 粋な提案 | 2009/03/27 4:06 AM |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.